強く生きる

強く生きる_a0037910_14341131.jpg
「困ったニャ〜〜!」



人生、「困った」の連続です。


どれだけ順調に進んでいても、必ずどこかに落とし穴があってそこに気づかず落ちたりします。


自分でわかってたり、予め予測できればいいんだけど、突然、落ちたりします。それも理不尽な形で。


「アイテテテテ・・・」


と痛がってる余裕など無いほど時間が無かったりします。


今の若い子たちの「なりたい職業」の1位が「公務員」。


「公務員て仕事は無いんだよ」って話は先日したと思います。


要するに「条件」なんですね。「安定志向」な。


「一生、安泰ぃ〜〜♪」


と思っていたのが急にそうじゃなくなったらどうでしょう?それも「理不尽」に。まるで「沈まない船」と言われたタイタニック号みたいです。


ボートの数は足りません。乗れるのは限られた人だけ。みんな我先に乗ろうとします。


そんな中、みんなを落ち着かせるために楽器を弾いたり、最後まで救助したり出来るんでしょうか?


そもそも、そんなイレギュラーバウンドに対応できるんでしょうか?


アーティストのGacktさんがインタビューで


「僕は〇〇があるから、全てを失ったとしても再び成功できる」


と話してました。それは、学校や塾では教えてくれない〇〇でした。


何が起きてもおかしくない、今までの常識が通用しない時代。


強く行きなきゃね。




#imgYdn div { border: none !important; }
#imgYdn div div { padding-top: 15px !important; }
#imgYdn div div a { border-bottom: none !important; }
#imgYdn div a:hover { background: #ffc!important; text-decoration: none!important; }
#imgYdn div dt { text-decoration: none!important; }
#imgYdn div div p { font-size: 10px!important; }
#imgYdn div p a { color: #919191!important; font-family: Verdana, Arial, sans-serif; }
#imgYdn div p a:hover { background: none!important; border-bottom: none; }
#imgYdn dt + dd { padding: 2px 0 3px!important; font-size: 11px!important;
font-family: Arial, sans-serif;
filter: alpha(opacity=60); zoom: 1; -moz-opacity: 0.60; opacity: 0.60; }

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://hairhana.exblog.jp/240009810