だって好きなんだもん♡

a0037910_11362209.jpg
こんにちは!トモです。


「トモさんは何で美容師になったんですか?」


よく聞かれる質問です。


理由を話せばいろいろあるのですが、一番の理由は


「興味があった」


からです。


「えー!みんなそうじゃん!」


でも、若い頃の選択肢の、ほとんどがこれだと思います。


それより大切なのは「続ける理由」だと思います。

ここで問題です。


「一流のヘアデザイナーになる人は次のうちどちらでしょう?」


A、いつか、将来、カリスマ美容師になって脚光を浴びてスポーツカーをら乗り回してテレビとか出て有名になりたい!と願う人


B、なんとなく好きだからやってる人。


さあ、どちらでしょう?


答えは・・・「B」です!


Aの様なやることに「理由」を付ける人は短期的にはいいのですが長期的には続かない傾向があります。


思うようにいかなかったり、ライバルに遅れをとると急にやる気がなくなってきます。大抵の人が「自分に向いてない」と出来ない「理由」を考えるようになります。


よく、就職や恋愛、結婚に「条件」を、求める人がいます。これも同じです。


途中で条件が変わったり、状況が変わると一気にやる気がなくなります。

「好きだから」でいいんです。だって「好き」に理由なんてないんだから。


僕ですか?


美容師をやってて本当に良かったと思います。だって、大好きだから♡



#imgYdn div { border: none !important; }
#imgYdn div div { padding-top: 15px !important; }
#imgYdn div div a { border-bottom: none !important; }
#imgYdn div a:hover { background: #ffc!important; text-decoration: none!important; }
#imgYdn div dt { text-decoration: none!important; }
#imgYdn div div p { font-size: 10px!important; }
#imgYdn div p a { color: #919191!important; font-family: Verdana, Arial, sans-serif; }
#imgYdn div p a:hover { background: none!important; border-bottom: none; }
#imgYdn dt + dd { padding: 2px 0 3px!important; font-size: 11px!important;
font-family: Arial, sans-serif;
filter: alpha(opacity=60); zoom: 1; -moz-opacity: 0.60; opacity: 0.60; }

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://hairhana.exblog.jp/239836384