うまくやれよ

映画の感想が来ると思っていた皆様、ごめんなさい。日曜日に観た映画はナチス、今日観た映画は障害者がテーマだったので気分は落ちるところまで落ちています。
という言い方は正しくないですね。落ちる、というよりも「そうだよねぇ…」と深く共感し過ぎて浮かれポンチになんてなれず冷たい雨の一日に相応しい心模様となりました。
こんな時には大好きな松之丞のラジオを聴いても何も言葉が耳に入ってこないし、良さげな音楽を聴いても心がなびきません。
風ひとつない鏡のように凪いだ湖面のような心にすーっと入ってきたのは糸井さんの言葉でした。
「うまくやれよ」
この短い6文字のお陰でさっきまで静まり返っていた湖に細波が立ち始め、明日への気力が生まれたのです。
分かったフリなんてしなくていい、上手にやろうなんて思わなくていい、妙な同情から中途半端なボランティア精神など抱かずに「うまくやれ」ば良いんだ。
暫く「今日のダーリン」を読んでいなかったのに、何故今日に限ってふと読みたくなったのか。
導いてくださる方がいる、と感じられる余裕があって良かった。素直に従える判断力があって良かった。
そして、世の中には無駄かもしれないのに労を厭わず灯火を灯してくれる人が沢山居ることに感謝。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・道具としてのことば。
立川志の輔さんは、もちろん立川談志さんの一門で、それも、いちばんというくらい、とても近くにいたお弟子さんだった。ということは、だれでも知っていることだけれど、師匠だった立川談志のことは、あまり多くは語らない。口を固くして黙っているという感じではないのだけれど、近くにいた「弟子の志の輔」として経験したことは、「談志の領分」だと考えているように、ぼくには見える。いわば、かつて秘書だった人が付いていた上司のことは語らないという感じに思える。なんだか、その姿勢が、ぼくにはとても美しく見えて、志の輔さんを好きな理由のひとつになっている。
とても少なく語られる「志の輔さんの談志」のなかに、ずっと印象に残っていることばがあって、それが、なにか、ことあるごとに思い出されるのだ。談志さんは、弟子や近くの人にとっての大事なときに、冗談めかす感じでなく、まっすぐに「うまくやれよ」と言うのだそうだ。志の輔さんも言われたのだろうと思うし、他にも言われた人は何人もいたことだろうが、回り回って、ぼくまで言われたような気になってしまう。
「うまくやれよ」は、すかっとかっこよくはない。なかなかに大人びた、功利的に聞こえることばだ。「じょうずに立ち回れ」ということではあるし、「情にまかせて下手なことをするな」ともとれる。血気盛んな若い人が言われたら、反発するかもしれない。しかし、「知恵をつかえ」という意味でもあるわけだし、「判断をまちがえないようにな」ということでもある。「がんばれよ」でも「負けるな」でもなく、「筋を通せ」でも「迷わず行け」でもなくて、「うまくやれよ」の複雑で寛容なひと言というのは、なんとも見事な「道具としてのことば」ではないか。そういえば、落語は「道具としてのことば」である。落語家の立川談志の、たったひとことの落語が、「うまくやれよ」だということも思えてくる。いつか、志の輔さんと話してみたいことだなぁ。
今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。これを読んでくれている人にも言おう、「うまくやれよ」。



#imgYdn div { border: none !important; }
#imgYdn div div { padding-top: 15px !important; }
#imgYdn div div a { border-bottom: none !important; }
#imgYdn div a:hover { background: #ffc!important; text-decoration: none!important; }
#imgYdn div dt { text-decoration: none!important; }
#imgYdn div div p { font-size: 10px!important; }
#imgYdn div p a { color: #919191!important; font-family: Verdana, Arial, sans-serif; }
#imgYdn div p a:hover { background: none!important; border-bottom: none; }
#imgYdn dt + dd { padding: 2px 0 3px!important; font-size: 11px!important;
font-family: Arial, sans-serif;
filter: alpha(opacity=60); zoom: 1; -moz-opacity: 0.60; opacity: 0.60; }

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://reijiro.exblog.jp/240008236