冬こそ美腹になるチャンス!美腹ストレッチ3選

くびれが綺麗な女性
冬は厚手のコートでお腹周りを隠しがちですよね。しかしながら、冬は、ストレッチをすることで、基礎代謝が上がりやすくなるのです。今回は、美腹ストレッチ3選について、美容鍼灸・整体師の横内稚乃先生に伝授いただきました。

◆美腹の条件
くびれ
◆くびれがある
ウエストが引き締まり、S字状のくびれがあると、体にフィットした服を着ても、スタイルが良く見えます。
◆下腹が凹んでいる
下腹が凹んでいると、同じ体重でも痩せて見えるメリットがあります。
◆日常生活で美腹になる方法
ベルトを締める女性
◆食事前にベルトをきつく締める
普段よりも、ベルトの穴を1つ~2つきつく締めてください。ベルトでお腹を圧迫することで、少量の食事量で満腹感が得られやすくなり、食べ過ぎを防止できて美腹になりやすくなります。
◆デスクワーク中にお腹を引っ込める
長時間、座っている時に、背すじを伸ばし、意識してお腹を引っ込めることで、お腹の深部の筋肉、腹横筋(ふくおうきん)が引き締まりやすくなり、美腹につながります。
◆美腹ストレッチ3選
腹筋運動
◆美腹ストレッチ①
STEP1:あお向けになり、両肘を曲げて、両手のひらを頭の後ろに添える
STEP2:両脚と頭を床から浮かせて10秒キープ
STEP3:5回繰り返す

このストレッチをすることで下腹が引き締まりやすくなります。
◆美腹ストレッチ②
STEP1:あお向けになり、左肘を曲げて上半身を右方向へ捻る
STEP2:STEP1の体勢のまま、右膝を曲げて左方向に下半身を捻る
STEP3:5秒キープ
STEP4:反対側も同様に、右肘と左膝を近づけて5秒キープ
STEP5:左右、各々5回繰り返す

左肘と右膝が近づくのを意識することで、わき腹の筋肉、腹斜筋(ふくしゃきん)が引き締まりやすくなります。
◆美腹ストレッチ③
STEP1:お尻の下に両手を敷き、あお向けになる
STEP2:両脚をまっすぐに伸ばし、床と直角になるまで両脚を上げる
STEP3:床から10cm上まで両脚を下ろし、床に両脚がつく前に、再度、両脚が床と直角になるまで5秒間上げる
STEP4:10回繰り返す

下腹が引き締まり、美腹へと導けます。
◆美腹ストレッチの注意点
悩む女性
◆腰を反らない
腰が反らないようにしましょう。お腹に力を入れた時に腰が反ると、腰痛の原因になるので気をつけてください。
◆反動をつけない
脚を上げ下げする際に、反動をつけないようにしましょう。反動をつけると、骨盤や股関節を痛める原因になるので、控えてください。
◆息を吐く時に体を持ち上げる
息を吐く時に体を持ち上げることで、内臓脂肪が燃えやすくなります。
◆ストレッチで美腹を手に入れて!

ウエストにくびれがあり、下腹が凹んでいるのが美腹の条件です。日常生活でも、長時間、座っている時に、お腹を引っ込めるのが大切です。また、1日1回、1種類でも美腹ストレッチをすることで、ウエストが細くなります。美腹ストレッチで、お腹周りを引き締めましょうね!
Photo by fotolia

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9226521