【医師監修】生理前のつらい吐き気は月経前症候群(PMS)のせい?

(C) buritora – stock.adobe.com

毎日同じように過ごしているつもりでも、女性の体には多かれ少なかれ変化が訪れます。生理前になると体調が悪くなったり、心が落ち着かなくなることはありませんか? それは、月経前症候群(PMS)かもしれません。

生理前に感じる吐(は)き気もそのひとつ。ここでは、PMSが原因で吐き気が起こる理由や対処法をご紹介します。

【監修】
イシハラクリニック副院長 石原新菜 先生

小学校は2年生までスイスで過ごし、その後、高校卒業まで静岡県伊東市で育つ。2000年4月帝京大学医学部に入学。2006年3月卒業、同大学病院で2年間の研修医を経て、現在父、石原結實のクリニックで主に漢方医学、自然療法、食事療法により、種々の病気の治療にあたっている。クリニックでの診察の他、わかりやすい医学解説と、親しみやすい人柄で、講演、テレビ、ラジオ、執筆活動と幅広く活躍中。

著書に、13万部を超えるベストセラーとなった『病気にならない蒸し生姜健康法』(アスコム健康BOOKS)をはじめ、『「体を温める」と子どもは病気にならない』(PHP研究所)等30冊を数える。

■生理前に吐き気を感じることもある月経前症候群(PMS)とは?
282381405

(C) yumeyume – stock.adobe.com

▼月経前症候群(PMS)とは?

生理の前の不快な症状は、月経前症候群(げっけいぜんしょうこうぐん)が原因かもしれません。「PMS」と表記されることも多い月経前症候群というワードは、女性なら一度は目にしたことがあるでしょう。

生理が始まる前に体調を崩してしまうことを月経前症候群(PMS)といいます。その期間は生理前の3~10日間。生理周期や女性ホルモンのバランスが変わることが関係しているとされますが、実ははっきりとは原因がわかっていないのが現状です。

それでも、生理のある日本人女性の約70~80%には何らかの月経前症候群の症状があり、さらに5.4%程度の人たちは日常生活に支障が出るほど重い症状なのだそう。

PMS症状の重さや発症の日数は、20代よりも30代のほうが軽い傾向にあるという調査結果や、大人の女性よりも思春期の女性にPMSの症状はより多くあらわれるという報告もあります。

▼月経前症候群(PMS)の症状

月経前症候群(PMS)はつらいものだというイメージを持つ人は多いことでしょう。しかし、その具体的な症状までご存じですか?

月経前症候群は、吐き気がしたり、頭やおなかが痛くなったりする体の不調に限らず、心にも影響を与えることがあります。イライラしたり、わけもなく不安になったり、勉強や仕事に身が入らなくなることも。

月経前症候群の症状
身体的症状……腹痛、頭痛、腰痛、胃痛、微熱、むくみ、おなかの張り、乳房の張り
精神神経症状…情緒不安定、イライラ、抑うつ、不安、眠気、集中力の低下
自律神経症状…吐き気、のぼせ、寒気、食欲不振、過食、めまい、倦怠感

参考サイト:
日本産科婦人科学会「月経前症候群(premenstrual syndrome : PMS)」
日本女性心身医学会「20~30歳代の主に就業女性を対象にした月経前症候群(PMS)に関する調査」

■生理前に吐き気を感じる理由
182217979

(C) kei907 – stock.adobe.com

▼どうして吐き気があるの?

PMSで起こる吐き気には、体内で生成される「プロスタグランジン」という生活活性物質の分泌が深く関わっています。生理前になるとプロスタグランジンの分泌が急激に増加し、子宮を収縮させて経血を排出する助けをします。

このプロスタグランジンの分泌量が増えると、胃や腸をはじめとする臓器にまで影響することがあります。生理前や生理中に吐き気を感じるのは、プロスタグランジンの過剰な分泌により、胃腸が締めつけられることが原因なのです。

▼ほかの症状はどうして引き起こされる?

吐き気と同様に、プロスタグランジンの分泌が原因で起きる月経前症候群の症状に頭痛が挙げられます。生理が始まると、生理痛を引き起こす原因にも。プロスタグランジンは子宮を収縮させる働きを持つことから、陣痛促進剤としても使われています。

▼吐き気をやわらげる方法

プロスタグランジンの過剰分泌を抑えることが、吐き気の予防につながります。生理前になると、経血を排出するためにプロスタグランジンが分泌されるのですが、冷え性で血行の悪い人はプロスタグランジンが過剰に分泌されてしまうのです。

吐き気をやわらげるためには、体を温めることが第一。1日の終わりには湯船にゆっくりつかる習慣をつけましょう。吐き気とおなかは無関係のようにも思えますが、おなか周りを温めて冷えを防ぐのがおすすめ。腹巻きやカイロを使うのもいいですね。

■生理前に吐き気を感じたら妊娠を疑ったほうがいい?
72130286

(C) Alena Ozerova – stock.adobe.com

「そろそろ生理が来るはずだけど、吐き気がする…」

こんなシチュエーションでは、つわりを連想し、妊娠の可能性が頭をよぎるのも無理はありません。実は、月経前症候群(PMS)の症状は妊娠の超初期症状と似ています。どちらなのか判断に迷ってしまうこともあるでしょう。

▼妊娠している場合

生理予定日を過ぎても生理が来なかったら妊娠を疑う人は多いことでしょう。しかし、妊娠超初期症状と呼ばれる体の変化は、生理予定日よりも前から起こるのだそう。

妊娠超初期症状を感じるかどうかは個人差があるものの、眠気や熱っぽさ、めまいを感じたり、胃がむかむかして吐き気をもよおすことも。まさに、月経前症候群の症状とよく似ています。

そうすると、生理前の吐き気は月経前症候群の症状なのか、それとも妊娠超初期症状なのかわからなくなってしまいますね。どちらなのかを知るためには、基礎体温を測ることです。

月経前症候群であれば体温が下がっていますが、妊娠している場合はいつもより体温が高く、高温期が続きます。体温を測ってみれば、不快な吐き気が妊娠によるものなのか、PMSのせいなのかは一目瞭然です。しかし、普段から基礎体温をつけていないと判断できないのが玉にキズ。

基礎体温をつけるのは妊活のためというイメージがありますが、それだけではもったいないでしょう。基礎体温を測ることで、ダイエットにぴったりのタイミングやお肌の調子がいい時期までわかります。体調管理や美容のためにも、基礎体温をチェックするのはおすすめです。

▼つらいときは病院へ

生理が始まれば症状が緩和されるのが月経前症候群の特徴です。しかし、大変なのは月経前だけだからといって無理にがまんすることはありません。普段通りの生活ができないほどつらいなら、病院で診察を受けましょう。

病院では、薬を使った治療法と薬を使わない治療法があります。

薬を使う場合は、つらい症状を緩和するための薬や漢方薬が処方されます。このほか、PMSの主な原因である女性ホルモンにアプローチするために低用量ピルを使い、一時的に排卵をストップさせて治療することもあります。

薬を使わない場合はPMSの病状を把握するため、症状が出たときの記録をつけて対処します。どのような時期にどんな症状が出たかを知り、セルフケアにつなげます。カフェインやアルコール、喫煙を控えることも治療のひとつ。吐き気をはじめとする生理前の不快な症状を抑えるためにも、日常生活を見直してみるのも大切な対策方法です。

参考サイト:日本産科婦人科学会「月経前症候群(premenstrual syndrome : PMS)」

■まとめ
月経前症候群(PMS)はホルモンバランスの乱れのほか、ストレスも関係しているといわれています。生活を見直して心も体も快適に過ごせるよう、少しだけ自分に手をかけてみませんか?

自分の体を知り、自分の体や心が喜ぶことをしてあげると、生理前のつらい吐き気だけでなく、ほかの不快な症状もやわらげることができるかもしれません。

参考資料:
・日本産科婦人科学会
・日本女性心身医学会

(河野能子)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9401848