健康や美容についてのブログや今オススメの美容情報など美しくなりたい女性必見の情報満載のまとめサイトです。
新着記事

“Vamos(いくぞ)”

“Vamos(いくぞ)”

“Vamos(いくぞ)”

35歳のティプサレビッチは昨年引退したが、ナダルのコート上での闘志が自身のキャリアを正しい方向へ導いてくれたと打ち明けた。「(12年前の)“全豪オープン”で、ナダルと新進気鋭のツォンガとの対戦を見たことを覚えているよ。ナダルはコート外を走り回され、確か、第1・第2セットを取られ第3セット1-4の場面だった。そんな状況でフォアハンドウィナーを決めたナダルが、“Vamos(いくぞ)”と出しうる限りの大声で叫んだんだ。彼が本当にまだ勝てると信じているのが見て取れた

「彼はそのまま2-6でセットを取られ、試合にも負けた。でも、その時自分がどれだけ臆病者だったか気付かされたんだ。僕が平静を装っているような時に、ナダルはロッド・レーバー・アリーナにいる1万5000人の観客にだけでなく、世界中に、自分が全力で戦っていること、その上で完敗したことを見せるのを恥じてはいなかった

ポイントが追い込まれると、、

大抵の選手はネガティブなプレッシャーにさらされる。

BIG3と言われる、、ジョコビッチ、フェデラー、ナダルが何故強いのか、、

それはメンタルの「強さ」って強度ではなく、、

方向性の違いなんですね。

どんな状況でも、、

よし、ここからだ、と思う思考と、、、

もうダメだ、もうダメかもしれない、と思う思考、、

敗けた理由と言い訳やふるまいを敗ける前から考え出すタイプ、、

ティプサレビッチは自分を「臆病なヤツ」だと感じたが、、

ナダルは別に自分を「勇気ある奴」にしていた訳では無いでしょう。

子供の頃からか何時からは知りませんが、、

常に「ここからだ」とメンタルチェンジする癖をつけていたと思います。

今回のオーストラリアオープン四回戦、ナダル(スペイン)とキリオス(オーストラリア)の試合もタイブレークを制したナダル、、良かったです。
フェデラー 死闘制し全豪OP4強、崖っぷちからMP7本しのぎ世界100位撃破
この日、第1セットを先取したフェデラーだったが、サングレンの強烈なストロークに押されて第2・第3セットを連取される。第3セットの第3ゲームを終えた時点ではメディカルタイムアウトを取る場面があった。
第4セット、フェデラーはサングレンに7本のマッチポイントを握られる崖っぷちを迎えたが、激しいラリー戦の末にピンチをしのぎ、セットカウント2-2に追いつく。
ファイナルセットは第6ゲームでブレークに成功するとリードを守り、3時間30分を超える死闘を制した。

7本のマッチポイントを握られてひっくり返した、、

「もうダメだ」な思考はカケラも無かったというコトです。
パワースポット巡りやパワーストーン、ペンジュラムや伊勢集団産廃、、

そういう神頼みする連中は、、、

成功しないでしょう。
F1のアイルトン・セナは、1994年、移籍したウイリアムズのマシンが合わず開幕戦からしばらく勝てなかった時、「私のレースはイモラから始まる」と語っていた。
ただ、そのイタリア・イモラサーキットで行なわれたサンマリノGPのタンブレロを全開でリアから激しく火花をちらしながらセナのマシンはコントロールを失い真っすぐウオールに激突し、そのまま逝った。享年34歳。そのすぐ後をシューマッハが走っていた。
セナは、死の1か月ほど前にイモラサーキットでテストを行った際に、タンブレロに立ち、イモラサーキットの関係者に「路面に凹凸があり危険だ」と指摘し、「ここで今年誰かが死ぬ。」と話していたという、、、
ワタシはその後しばらくF1は観なくなりました。
取り敢えずこの辺で。

※両方のランキングクリックを宜しく。



35歳のティプサレビッチは昨年引退したが、ナダルのコート上での闘志が自身のキャリアを正しい方向へ導いてくれたと打ち明けた。「(12年前の)“全豪オープン”で、ナダルと新進気鋭のツォンガとの対戦を見たことを覚えているよ。ナダルはコート外を走り回され、確か、第1・第2セットを取られ第3セット1-4の場面だった。そんな状況でフォアハンドウィナーを決めたナダルが、“Vamos(いくぞ)”と出しうる限りの大声で叫んだんだ。彼が本当にまだ勝てると信じているのが見て取れた

「彼はそのまま2-6でセットを取られ、試合にも負けた。でも、その時自分がどれだけ臆病者だったか気付かされたんだ。僕が平静を装っているような時に、ナダルはロッド・レーバー・アリーナにいる1万5000人の観客にだけでなく、世界中に、自分が全力で戦っていること、その上で完敗したことを見せるのを恥じてはいなかった

ポイントが追い込まれると、、

大抵の選手はネガティブなプレッシャーにさらされる。

BIG3と言われる、、ジョコビッチ、フェデラー、ナダルが何故強いのか、、

それはメンタルの「強さ」って強度ではなく、、

方向性の違いなんですね。

どんな状況でも、、

よし、ここからだ、と思う思考と、、、

もうダメだ、もうダメかもしれない、と思う思考、、

敗けた理由と言い訳やふるまいを敗ける前から考え出すタイプ、、

ティプサレビッチは自分を「臆病なヤツ」だと感じたが、、

ナダルは別に自分を「勇気ある奴」にしていた訳では無いでしょう。

子供の頃からか何時からは知りませんが、、

常に「ここからだ」とメンタルチェンジする癖をつけていたと思います。

今回のオーストラリアオープン四回戦、ナダル(スペイン)とキリオス(オーストラリア)の試合もタイブレークを制したナダル、、良かったです。
フェデラー 死闘制し全豪OP4強、崖っぷちからMP7本しのぎ世界100位撃破
この日、第1セットを先取したフェデラーだったが、サングレンの強烈なストロークに押されて第2・第3セットを連取される。第3セットの第3ゲームを終えた時点ではメディカルタイムアウトを取る場面があった。
第4セット、フェデラーはサングレンに7本のマッチポイントを握られる崖っぷちを迎えたが、激しいラリー戦の末にピンチをしのぎ、セットカウント2-2に追いつく。
ファイナルセットは第6ゲームでブレークに成功するとリードを守り、3時間30分を超える死闘を制した。

7本のマッチポイントを握られてひっくり返した、、

「もうダメだ」な思考はカケラも無かったというコトです。
パワースポット巡りやパワーストーン、ペンジュラムや伊勢集団産廃、、

そういう神頼みする連中は、、、

成功しないでしょう。
F1のアイルトン・セナは、1994年、移籍したウイリアムズのマシンが合わず開幕戦からしばらく勝てなかった時、「私のレースはイモラから始まる」と語っていた。
ただ、そのイタリア・イモラサーキットで行なわれたサンマリノGPのタンブレロを全開でリアから激しく火花をちらしながらセナのマシンはコントロールを失い真っすぐウオールに激突し、そのまま逝った。享年34歳。そのすぐ後をシューマッハが走っていた。
セナは、死の1か月ほど前にイモラサーキットでテストを行った際に、タンブレロに立ち、イモラサーキットの関係者に「路面に凹凸があり危険だ」と指摘し、「ここで今年誰かが死ぬ。」と話していたという、、、
ワタシはその後しばらくF1は観なくなりました。
取り敢えずこの辺で。

※両方のランキングクリックを宜しく。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://karadajiku.livedoor.blog/archives/21748495.html


人気ブログランキング

PAGETOP
Copyright © 健康・美容情報まとめ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.