“100歳”という

キーワードを、最近よく見聞きするようになりました。

平均年齢も伸び続け、健康寿命も・・・

ただ「健康寿命」の定義が実のところ難しいのです、マーク説明します!!

よく聞くのはこの説明ですね。

☛「人のお世話にならずに、自分の身の回りの事が出来る状態」

これをもう少し、細かくするとこうなります。

?寝たきりではなく、最低限の身の回りの事が出来る。
?介護状態ではあるが、自分の身の回りの事が出来る。
?原則自分の身の回りの事はできるが、生活は誰かに依存している。

あえて書くと、?が既に健康寿命は終えていると言えます。

例えば、買い物は自分でいけるのに、家族に頼んでしまう等・・・

この時点で、生きる体力は一気に落ちますね。

私なりの考えですが、フレイルなどの定義とリンクすると思います。

☛他人(家族を含む)に何かしてあげられなくなったら、それは健康寿命の終了だと。

〜自分にもう少し活力を!!〜

足腰を・・・

以上です。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/thp21/archives/1840012.html