214.“愛” と “愛情” と 言う言葉。 

天に導かれて

癒しの高次元気功、気功とオーラ視を、伝授しています。

お知らせ:  

●毎週高次元気功研究会開催:11月10日・17日・23日(土)

http://m999miyabi.livedoor.blog/archives/19946582.html

第14回東京セミナー:2020年1月4日(土)・5日()参加者募集

http://m999miyabi.livedoor.blog/archives/19921923.html

●研究会&気功セミナー教える内容:第13回東京気功セミナー参照

http://m999miyabi.livedoor.blog/archives/cat_373020.html

気功は人助けの神様道具、魂が進化して、人が優しく成ります。

訪問者数:18824 読者登録数:43

イエス・キリスト 1
 

ブログの引っ越しで、気功を独学で体得した10年前の記事を、再掲載です。

 

私は、子供の時から正義感が強く人を注意してしまう事が多いのです。

 

子供の時には、それが喧嘩に発展しても気に成らないものでした。

 

 

大人になると大変ですね。

 

大人になってその様な時に、

いつも見ず知らずの者周りの人から助けてくれます。

 

大きな喧嘩に発展しない様に守られているようです。

 

 

近所の良く出来た人と話をしていたのですが、

 

人にはそれぞれ役割がある様です。

 

私が、人を注意する癖は、役割に従っているのでしょう。

 

 

でも、人を注意する事は危険が一杯です。

 

 

先日も、ちょっとしたことで喧嘩をふっかけられました。

 

その時も、相手を抑える人が出て来て助けられ

喧嘩には発展しませんでした。

 

 

でも、私に、反感を持ったまま、相手と分かれてしまいました。

 

 

この日から、私の頭部の左側に、赤色のオーラが出る様に成りました。

 

 

その人の怒りを感じると、私の怒りもずっと続いて居るのです。

 

それが、オーラの赤色に出て来たのです。

 

 

これをどの様に解決しようかと考えて、

 

「天にお願い。」 する事にしました。

 

 

そしたら、最近、“愛” と、言う言葉を使ったので、

 

“愛” と、言う言葉が浮かんで来ました。

 

私に “愛情” が、足りない事を、指摘されたのですね。

 

 

そして “愛” が、心を変える言霊だと思いが発展して来ました。

 

 

同時に 「ありがとう。」 を3000言うと、

 

「全てが良くなる。」 と言われる事も思い出しました。

 

 

そして朝の散歩から 

“愛、愛、愛、愛、愛情、愛情、愛情、” 言葉の意味をかみ締めながら、

 

相手を思いやる気持ちで、口の中で唱えました。

 

 

段々胸のチャクラが温かく

 

頭頂のチャクラもむずむずして来ました。

 

天との繋がりを、感じることが出来ました。

 

 

その日の昼に「相手が「ごめんなぁ~!」 と、謝って来ました。

 

「私が悪かった。」 と、言ってくれたのです。

 

 

今回も、神様に感謝して、

相手にも、心の中で重ねて感謝しました。

 

 

過去記事にも似た事がありました。

 

ブログ記事:8.不思議な手助け、「人が変わる。」⇒⇒遠隔気功の始まり。

http://m999miyabi.livedoor.blog/archives/16121599.html

 

天にお願いすれば、人は変わるのですね。

 

 

ご縁に、感謝ですね。

 

見えない存在に、感謝ですね。

 

宇宙エネルギーに、感謝ですね。

 

*****************************

●気功とオーラ視、スカイプ伝授 行います。(案内)

http://m999miyabi.livedoor.blog/archives/16061935.html

遠隔気功施術・ヒーリング (案内)  

http://m999miyabi.livedoor.blog/archives/16129837.html

●毎日お一人~無料遠隔気功施術・ヒーリングを、行います。

http://m999miyabi.livedoor.blog/archives/16130806.html

●11月前半:私の予定一覧表。

http://m999miyabi.livedoor.blog/archives/19950623.html

●11月後半:私の予定一覧表。

http://m999miyabi.livedoor.blog/archives/19950329.html

 

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://m999miyabi.livedoor.blog/archives/20213277.html