口内炎ができやすい・・・

物理的刺激が引き金かも?体調不良も影響?

 口内炎とは古、唇、頬の内側など、口腔内の粘膜に起こる炎症で、口内に常在している菌が小さな傷に繁殖することで悪化します。
鏡を見る女性
 口内の粘膜を誤って噛む、歯や義歯の噛み合わせが悪くて粘膜が傷つく、熱いものを食べてヤケドをするなど、物理的な刺激が引き金になります。また、口内の衛生状態が悪いと、小さな傷に細菌が繁殖して悪化しやすくなります。栄養不足やストレス、睡眠不足や風邪などで体の抵抗力が低下すると、粘膜が弱り、口内炎を起こしやすくなることもあるようです。なお、放射線療法によるものも、口内炎の一般的な原因だと考えられます。まれではあるようですが、抗菌薬を使用した後に口内炎ができることもあるようです。

 口内炎には様々な種類・原因があり、感染症や全身にわたる病気、物理的または化学的な刺激物質、アレルギー反応によって生じることがあります。原因がはっきりしないこともあるようですが、正常な唾液分泌が口の粘膜保護に役立っているため、唾液の分泌が減少すると口内炎が起こる可能性が高くなります。

 多くの場合、1~2週間で治ることが多いのですが、長引く場合は他の病気の可能性もあります。早めに受診するとよいでしょう。

口内を清潔に保ち、ビタミン不足に注意が必要

 口内炎になると食欲が低下して栄養不足になりやすく、不眠やイライラの原因にもなるので、早めに改善したいものです。香辛料や酸味の強い食品などの刺激物を避け、やわらかくて消化のよい献立を工夫しましょう。うがい薬でこまめにうがいをすると、口内炎の殺菌にも役立ちます。

 予防としては、普段から歯磨きをていねいに行い、口の中を清潔に保つことです。また、噛み合わせの悪い歯や合わない義歯を治療しておくことも大切ですね。

 ビタミンB群が不足していると口内炎になりやすいので、ふだんから不足しないように心掛けることが予防につながります。さらに、皮膚や粘膜の健康に欠かせないビタミンAや、ビタミンCもしっかり補給しましょう。



関連する栄養素は?

 ビタミンAビタミンB群ビタミンCカテキン、ルイボスティーなど

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://healthy-aging.blog.jp/archives/22241856.html