「細胞コスメ」って何?

ヒト幹細胞について

 最近、「細胞コスメ」っていうコスメがあるんですね。なんでも、”肌の遺伝子に着目した”,”細胞の修復作用を助ける”ということなんですね。これらは何をしてくれるかというと、幹細胞が分化する際に自分自身もコピーすることに着目し、このコピーのスピードを早めたり、コピーが上手くできるように手助けしたりします。その結果、新しい健康な細胞が作り出せるのです。また、コラーゲンやエラスチンなどを分解する酵素の働きを邪魔したり、老化を抑制する長寿遺伝子に着目したものもありますが、まだまだ研究が進む分野と言えます。
ヒト細胞
 その中に、ヒトの脂肪からとれた幹細胞を培養した「ヒト幹細胞エキス(培養液)」を配合したヒト幹細胞コスメがあります。「ヒト幹細胞」とは、古くなった細胞を入れ替え、失われた細胞を新しく補充する役割を担う、優れた能力を持つ細胞です。ヒト幹細胞は、乾燥肌の方へくすみがちな肌の方に最適だと評価されています。しかし、希少ともいわれる幹細胞は、年齢とともに減少してしまいます。
皮膚の構造(2)
 幹細胞の研究が急速に進んでいく中で、ヒト幹細胞を活用したアンチエイジングが可能になってきました。肌の幹細胞はどこにいるのか? 最近の研究により、真皮の中と、表皮の一番下の基底層にあることが明らかになってきました。

 表皮の幹細胞は、そこで自分のコピー細胞をつくり、さらに新しい角化細胞をつくります。このようにして新たに生み出された角化細胞が角層をつくって、肌のバリア機能を維持しているのです。真皮の幹細胞も自分のコピーをつくり、さらに線維芽細胞をつくって、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどの美肌成分を補給しています。

 幹細胞培養液を配合した化粧品には原料となる抽出する幹細胞により次の3種類に分類できます。

ヒト由来の幹細胞化粧品

 ヒトの幹細胞を培養したときに分泌する成分を精製したもので、細胞を活性することができます。ヒトの脂肪組織にある幹細胞から抽出した「ヒト脂肪細胞由来」と、ヒトの線維芽細胞から抽出した「ヒト線維芽細胞由来」のものがあります。ヒト由来なので拒否反応が起こりにくいと言われており、アトピー性肌や敏感肌の方でも安心して使用することができます。幹細胞化粧品の中では最も高い効果が期待できるのが、ヒト脂肪由来の幹細胞コスメだと言われています。

動物由来の幹細胞化粧品

 動物から抽出した幹細胞を使ってつくられた化粧品もあります。主な原料としては、幼い羊の毛根の幹細胞を使ったものがあり、これはヒトの皮膚の幹細胞に近いと言われています。その他には、羊のプラセンタ(胎盤)から抽出した幹細胞などを使ったスキンケア製品などが開発されています。しかし、動物の細胞からつくられたということもあり、飼育された環境の衛生面や加工の方法、原料の安全性のチェックも必要かも知れません。

植物由来の幹細胞化粧品

 植物では、どの部分の細胞も幹細胞であるため、幹細胞培養液の抽出が容易に行えます。そのため、多くの植物由来の幹細胞コスメが販売されているようです。腐らないリンゴから抽出したものや、高麗ニンジンから抽出したエキス、バラから抽出したエキスなど、化粧品メーカーが抗酸化力の植物の幹細胞培養液を競って開発し、製品を販売しています。

 しかし、ヒトにはヒトの幹細胞エキスを用いることが最も効果的だと考えられており、アレルギーや拒絶反応の起こりにくいもの、そして何よりも高い若返り効果を望むのであれば、ヒト由来の幹細胞コスメを選ぶべきではないでしょうか。

美容技術との融合

ヒト細胞美容液

 ヒト幹細胞培養液をはじめとする成分を肌の奥へ届ける高浸透技術「ナノソーム(美容成分を封入したカプセルを細胞の隙間を通過させて角質層の隅々に浸透)」を採用しており、 防腐剤,界面活性剤,香料,合成色素,鉱物油などを含まない徹底した無添加なので、肌が弱いと思われる方でも安心して使用できそうですね。

 夜に1滴のヒト幹細胞コスメ – DEAGAIA

 この美容液を凍結乾燥(フリーズドライ)し、使用時に溶解液を加えるだけなので、いつでもフレッシュなヒト幹細胞エキスを肌に使うことができるんですね。年齢肌や肌トラブルでお悩みの方、真剣に肌に良い化粧品を探している方へオススメです。

 40代以上の女性に提案したいヒト幹細胞コスメとして、洗顔直後に使用するブースターローションや、ローションの次に使用するミルク、ゲルタイプの高密着マスク、スカルプローションなどヒト幹細胞培養液を使用したアイテムがあります。

 幹細胞コスメ【アクティバート】

 「ブースターローション」は、洗顔直後に使用する導入化粧水であり、ヒト幹細胞培養液と微弱荷電技術を融合させたローションです。ヒアルロン酸,水溶性ナノ化コラーゲン,エラグ酸,セラミド3が配合されています。洗顔直後の素肌に潤いを与えて年齢とともに変化するお肌の悩みを解決してくれそうですね。

 「マスク」は、バイオセルロースの高密着マスクで、美容成分である「ヒト幹細胞培養液」「ビタミンC誘導体+ヒアルロン酸」「DDSペプチド」を含侵。また、ビタミンCは、”美肌ビタミン“とも呼ばれる成分ですが、安定性が低いため肌への吸収がされにくいという性質を持っています。ビタミンC誘導体では、ビタミンCの弱点を改善し、角質層への透過力の向上と長時間活性を持続する性質を持たせたものです。



トニー 

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://healthy-aging.blog.jp/archives/23006370.html