骨盤ケアをすることが近道かも!

産後はどうしても、太ももが太くなってしまいがちですよね。
そんな下半身デブ状態になるのは、妊娠・出産の際に骨盤が大きく開いてしまうからです。
赤ちゃんの頭が通れる広さになるように、生理的に起こる骨盤の開きなので仕方ないのですが、やはり女性としては、ちょっと困りますよね。
そこで、産後はまず、この骨盤を締めるケアから始めることが重要です。
開いた骨盤をそのままにしていると、歪みが生じ、そこから変な所に贅肉が付きやすくなり、下半身がずっしりとした体形になってしまいます。
しかも歪んだり開いたりした状態で定着してしまった骨盤は、簡単にはもとに戻らないのです。
出産後はまだ、骨盤が柔らかく、正しい位置に戻すのにも適した時期であると言われています。
体の負担がある程度無くなってきたら、ベルトを巻くことから始めて、少しずつ骨盤を締めていきましょう。
産後1カ月以上経過したら、骨盤体操などを軽く始めてみても良いですね。
また、家でヨガのDVDなどを見ながら、ヨガのポーズを楽しんでみても良いでしょう。 
ヨガには歪みを改善できる効果があると言われていますし、自宅でできるなら、赤ちゃんがいても安心ですね。
こういったケアをして、骨盤を正しい位置に戻すことで、太ももがスッキリする可能性大です!
また、骨盤の歪みは全身の歪みとなりますので、これをケアしておくことで、全身の巡りが良くなり、体調が安定したり、代謝がアップして太りにくくなる可能性もあるのです。
自分でのケアが難しいという場合には、整体などを受けるのも1つの方法です。
とにかく、まずは骨盤に着目したケアから始めるのが、産後ダイエット成功への近道なのです。 
無理や食事制限や辛い運動をする前に、骨盤をしっかり締めて、基礎を固めておきましょう。 

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/sangono_diet/archives/46102220.html