筋肉量の増やし方について③〜脳をコントロールする〜

名称未設定 4

はい、どーもダイエットぱんだです🐼

引き続きのシリーズですが、今回は筋肉を成長させる上で脳との関係性について理解してもらうことでトレーニング方法や食事に対して今まで以上に取り組めるのでこの機会に説明していきたいと思います

脳に送る危険信号が筋肉を大きくする


91a79822

人間は昔、狩りをして暮らしていたことはイメージできるかと思いますが
毎日が生きるか死ぬかの瀬戸際で狩りに失敗することは=死に近づくわけです

そんな過酷な状況で生きている中、全力を出し切りヘトヘトになるまで筋肉を使い果たすと脳が体に指令を出します。

筋肉を修復して以前より大きくしよう

これは身を守るため以前と同じ筋肉に戻すだけではまた同じ状況になった時に危険を回避出来なくなる可能性があるからと言われています。
 

つまり筋肉のトレーニングを行う際に擬似的に同じ状況を作ることで、脳が普段より筋肉を大きくする指令を出すわけです
なので前回の記事で書いたように「追い込む」ということがとても重要になってくるわけです。

↓前回の記事はこちら↓
 

筋肉の材料を蓄えておく


cutting-fresh-meat-thumb

脳に「このままの筋肉じゃ危険だ!」と危険信号を送ることが筋肉作りのきっかけとなることはお分かり頂けたと思います。

それでは次に筋肉に必要な材料である

「たんぱく質」 

を用意しなくてはいけません

今のお話の流れを大工さんに例えると・・・

*危険信号=台風
*家=筋肉
*材料=たんぱく質

とすると

①台風で元々合った家が壊れてしまった
②家を今までより頑丈に作り直さないといけない
③材料を今までよりたくさん持ってこい!

この順番で家(筋肉)を成長させていくわけですが
肝心の材料(たんぱく質)がなくては何も出来ません


筋トレだけして食事を摂らない状態でまた筋トレをする方が多いのですが
台風で家が壊れて次の台風が来るまで放置して・・・の繰り返しです。
これではせっかく家を大きく頑丈にするきっかけを台無しにしてしまっているので
しっかりとたんぱく質は補給するようにしましょう

いくつかの記事でも紹介しましたが、私がたくさんのプロテインの中から最も愛用しており、世界中で飲まれている有名なプロテインを貼っておきますので興味あれば見てみてください🐼

↓ぱんだ愛用プロテイン↓

まとめ

ということで、筋肉を作る上での一連のフローをご紹介したわけですが、
筋トレでしっかり台風を起こし、家を壊した後でたんぱく質で補強する
かなり簡単にまとめた内容なのですがお分かり頂けたかと思います

この流れをしっかりと頭に入れた上で筋トレを行うと、後1回!もう1回!!と最後の粘りが出てきたりします!

たんぱく質もきちんと補給していつでも体の中に材料となるたんぱく質を用意しておくようにしましょう

ではでは🐼

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://www.diet-panda.com/archives/4761454.html