【2019年】年間200冊読む私のオススメ本ベスト6!【だらだらスマホやめて読書しない?】

僕が2019年に読んで良かったと思う本を紹介します。

読書は素晴らしいです、新たな知識が手に入るのはもちろん、ストレス軽減効果や集中力や自信アップにつながります。

あなたもぜひ年末年始に読書しませんか?

では早速今年僕がオススメする本6冊を1つずつ紹介していきます。
※ランキングではありません。

【タイトルと著者一覧】

①ハーバードの個性学入門:平均思考は捨てなさい (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)  – 2019/3/20
トッド ローズ (著)

②「自分には価値がない」の心理学 (朝日新書)  – 2016/11/11

根本橘夫  (著)

③ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45 単行本 – 2019/9/20

鈴木 祐  (著)

④最高のパフォーマンスを実現する超健康法 – 2019/9/21

メンタリストDaiGo (著)

⑤睡眠こそ最強の解決策である– 2018/5/19

マシュー・ウォーカー (著)

⑥果糖中毒 19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?  – 2018/9/13

ロバート・H・ラスティグ (著)

1782

①ハーバードの個性学入門:平均思考は捨てなさい (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)  – 2019/3/20
トッド ローズ (著)

ハーバードの個性学入門:平均思考は捨てなさい (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

平均点、平均身長、平均年収と我々はすべて平均と比較する。そもそもなぜこの平均と比較する文化が形成されたのか?そして体格、頭の良さ、性格、運動能力などにおいて実は平均的な人というのは幻想であり存在しないということが書かれている。
ぼくも平均を基準に考えるということは宇宙の真理のように絶対的な評価の仕方であると何も疑わずに生きてきたがこの本を読んで考えが変わった。
平均という考え方が現代の個性や多様性を潰すことに繋がっている。みんなに読んでほしい1冊。

②「自分には価値がない」の心理学 (朝日新書)  – 2016/11/11

根本橘夫  (著)

「自分には価値がない」の心理学 (朝日新書)

「自分には価値がない」「自信がない」「生きるのがつらい」と感じる人に必読の1冊。
自分自身に価値を感じることが出来ない無価値感は何が要因なのか。それを知るためのヒントとなるのがこの本。

自分自身の価値については大きく分けて2つの側面がある。
評判、外見、学歴、収入、容姿、地位など他人からの評価である外面的自己、これだけにこだわっていると真に心が満たされることはない。性格、成長、努力、勤勉などの内面的自己こそが本質的な自分の価値でありこちらを充実させていくことが重要である。そのことについて心理学的に詳しく書かれている。
現代人はSNSのイイネの数など他人からの評価である外面的自己により心を満たそうとする。でも他人からの評価というのは常に不安定であり、それでは本当に心が満たされることは無いということを学ぶことが出来る。

③ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45 単行本 – 2019/9/20

鈴木 祐  (著)

ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45

「仕事がはかどらない」「勉強に集中できない」
などの悩みを抱えている方に必見。
科学的根拠に基づいた集中力アップの方法がもりだくさんの1冊。
・現実イメージング
・指示的セルフトーク
・5ルール
などこの本に書かれていることを僕も実際に日常生活で取り入れてる。そうすることで集中力アップに繋がっている。

④最高のパフォーマンスを実現する超健康法 – 2019/9/21


最高のパフォーマンスを実現する超健康法

メンタリストDaiGo (著)

僕の大好きなメンタリストDaiGoさんの健康に関する本。(ダイエットに関する情報が多め)
これほど食事を中心とした健康に関する科学的根拠に基づいた情報がギュギュッと詰まった本は無い!
しかも読みやすく実生活ですぐに使えること満載。
特に朝食に対する考え方が変わった。
食事回数が少ないほうが肥満や免疫力の低下を防ぎメンタル安定やパフォーマンス向上にもつながる。

⑤睡眠こそ最強の解決策である– 2018/5/19

マシュー・ウォーカー (著)

睡眠こそ最強の解決策である

睡眠時間を削りがちな現代人全員に読んでほしい1冊!
睡眠不足でベストなパフォーマンスを発揮できる人はいない。
運動、食事よりも睡眠が超重要であるということが分かる。
7~9時間眠ることがいかに大切なのかを知ってほしい。

⑥果糖中毒 19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?  – 2018/9/13

ロバート・H・ラスティグ (著)


果糖中毒 19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?

ダイエットや食事に関してちょっと勉強してみたい!という方にオススメ。
僕の食事、ダイエットに関する知識の源となっているバイブル的な本。
ちょっと中身は難しめだが読む価値のある一冊。
これを1冊読めばダイエットに関する他の本を読む必要が無くなるくらいの内容が網羅されている。

いかがでしたでしょうか。

本それぞれ↑にリンク貼ってありますのでアマゾンで購入可能です。
読んで損はさせないと思います。

皆さんも年末年始、家でダラダラスマホでSNSチェックする時間を30分だけ減らしてその分読書しませんか?

読書する習慣が身につけば肥満防止、ストレス軽減、集中力アップ、幸福度向上につながるのでおすすめです。

もちろん読書するかどうかはあなたの自由ですが。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://www.ponpondiet.com/archives/22352941.html